サラ金の申込みは信用情報と関係ある?

サラ金の申込みは信用情報と関係ある?

ローンの契約をするならサラ金比較するよりも銀行のほうがよいとか、サラ金の申込は信用情報に傷がつくという話を聞きますが事実なのでしょうか?
銀行でローンを組むのが良いと言われているのは、金利がサラ金よりも低めに設定されているので支出を抑えて借入ができるからでしょう。では、サラ金の申込みは信用情報に傷つくのでしょうか?銀行はKSC(全国銀行個人信用情報センター)で、サラ金はJICC(日本信用情報機構)かCIC(シー・アイ・シー)という別々の機関管理されています。しかし、大手銀行とサラ金は提携しているところが多いため、信用情報など金融取引において不都合がある場合にはその情報は共有されているので、銀行への申込み履歴もサラ金も知ることができる場合もあります。しかしその申込みのために、信用情報に傷がつくということはありません。
信用情報には申し込みの履歴に加え、ローンの契約内容、借り入れや返済の状況、契約時の利用者の金融取引に関わる個人情報(年収や勤続年数など)などが信用情報機関に保管されます。しかし、この中で一番重視されることは、借り入れや返済状況です。もし、長期間の延滞記録や数回に渡る延滞記録、自己破産、債務整理などの金融事故があるならその記録は掲載され、信用情報に傷がついた、と言うことができるでしょう。ですから、サラ金の申込みが理由で信用情報に傷がつくということはありません。